子供が外反母趾になる理由に挙げられる垂直距骨と言う病気

子供が外反母趾になる理由に挙げられる垂直距骨と言う先天性の疾患ですが、この病気は偏平足を伴います。
そして親指の変形もなってしまうのです。
小さな子供である幼児期の外反母趾の原因として他に考えられ病気は、二分脊椎や脳性小児麻痺です。
これらは筋肉の麻痺や萎縮を起こす病気と言われています。
このように、幼児期になる外反母趾は、外反母趾の治療をすると言うよりも、原因である病気そのものを治すこととなります。
病気を持っている上に外反母趾なんて、とても辛いですよね。
小さな子供たちでも病やそれに伴う外反母趾と戦っているのですから、大人はもっと前向きに頑張って外反母趾を治療していく必要があるのではないでしょうか。
私はそう思います。